歯周病治療

歯が抜ける原因の大半を占めるのが歯周病です。

歯周病については、テレビ番組、書籍、雑誌、などで度々取り上げられているので、認識は高いのですが、それが歯にどういう悪影響を及ぼす物かという正確な情報は意外と知られていません。

上の絵にある、いかにも歯に悪そうな汚れの塊は、プラークという歯や歯の周囲に付着したものです。これらの汚れは、恐ろしい事に歯茎をぶよぶよに赤く腫れさせた上に、歯を支える骨も溶かしてしまいます。

歯周病は、人間である以上は程度の差はありますがどなたでもかかる疾患です。しかし、ある程度はコントロール出来ていないと歳を重ねる毎に年々歯を失う結果に繋がるので、対処が必要です。

軽度歯周炎軽度歯周炎
ブラッシング時に出血がある。
 

中等度歯周炎中等度歯周炎
歯茎の痛みが時折出たり、口臭が強くなります。

重度歯周炎重度歯周炎
歯がグラつき出します。出血が収まらず、ウミも出る。

歯周病の治療の種類

  1. スケーリング(tooth scaling)
    歯の周囲についた視認出来る範囲の汚れを超音波スケーラ-で落としていきます。
  2. ルートプレーニング(root planing)
    歯の根の表面の軟化した象牙質やエナメル質を除去します。歯の根の表面をツルツルにします。
  3. 歯周外科治療(flap operation)
    プラークコントロール、スケーリング、ルートプレーニングでは改善しきれない歯周病を外科的アプローチで治療します。

虫歯治療や被せ物の治療を行う前に、患者様の症状に応じた歯周病治療を行ってから、次の治療へと移っていった方が再発リスクも少ないので治りも早くなります。

当院は歯周病の専門治療も必要に応じて患者様に提案いたしますので、歯周病で現在お困りの方は一度当院までお越しください。