小児矯正

矯正治療は子供の頃から出来ます。

これは、歯並びをキレイに整えるというよりは、歯並びを将来良くするために上下の顎のズレを改善したり、顎の大きさを拡げて永久歯がきちんと生えるスペースを作るという意味合いが強いです。


子供のうちに顎の問題を改善することで、将来起こるであろう問題を少なくし、歯並びを改善しやすくします。そうすれば、抜歯をしなくてもキレイに歯が並んだり、歯並びの凸凹が少なくなりブラケット矯正の治療期間を短縮出来るのです。

主に、子供でも簡単に扱える取り外し可能な装置を使います。

小児矯正を始める時期は、お子様によってまちまちですが、6~7歳から始められて、中学生くらいで本格矯正に移行するかどうするか検討する場合が多いです(必ずしも移行する必要はありません)。

小児矯正はお子様の協力が必ず必要なので、無理強いはせずに、本人の意志も十分に尊重して行うようにします。

お子様の歯並びでお困りの親御様はお気軽にご相談ください。