入れ歯治療

入れ歯が合わない、噛みにくい、すぐに外れる、入れ歯のバネが見える、入れ歯を小さくしたい、入れ歯を薄くしたい、等々・・・。

入れ歯に対して悩みを抱えている人がご来院される度に、試行錯誤を繰り返して状態を何とか改善させています。

入れ歯は人体にとって異物でしかないのですんなりと馴染めるという方の方が少ないのかもしれません(もちろん馴染む方も大勢います)。

しかし、快適に生活を過ごして頂くためには、精度が高くて、使いやすい入れ歯を安定して提供する必要があります。

入れ歯にはいくつか種類があり、状態に応じて最適な物を、時には複数の材料を組み合わせながら作る事で入れ歯の不満を解決出来る場合があると思います。

レジン床義歯

レジン床義歯

レジン(樹脂)で作成した義歯です。

保険診療で制作する事が出来ます。比較的自由度が高い設計が可能であり、修理対応も容易に出来ます。その一方強度を持たせる為には一定の厚みが必要となり、それが違和感の原因となる事も少なくありません。

精密レジン床義歯

精密レジン床義歯

レジン(樹脂)で作成した義歯です。

自費診療で制作する事が出来ます。仮義歯の状態から、患者様の噛む位置や癖などを詳細に調べていき、自身に一番フィットした入れ歯を制作します。通常のレジン床義歯と比べて段違いの使いやすさを得る事が可能です。

金属床義歯

金属床義歯

床がチタンやコバルトなどの金属で作成された義歯です。自費診療でのみ制作する事が出来ます。レジンよりも薄く作る事が出来るので入れ歯の厚みが気になっている方には最適です。金属床義歯の症例数は全国的にも多いので、安定した人気と需要があります。

ノンクラスプ義歯

ノンクラスプ義歯

入れ歯の「バネ」の部分が無いので義歯を装着している事が他人からみてわからなくする事が出来ます。自費診療でのみ制作する事が出来ます。ノンクラスプ義歯に金属床をコンビネーションした義歯を作成する事も可能なので、審美性と機能性を併せ持った万能な義歯です。

上記に挙げた物以外にも、様々な義歯が存在します。
どの義歯が自分に一番合うのかは、担当医とよく相談して慎重に決定する必要があります。

入れ歯は扱い方、使い方で快適にも不自由にもなりますし、最近ではインプラントと入れ歯を融合させた新しい治療法も続々と開発されてきています。お困りの方は当院まで一度ご相談ください。