セラミック治療(審美歯科)

  • 「昔にかぶせた銀歯の色が気になるなぁ」
  • 「前歯のかぶせが黄ばんできた・・・」

長期的に白く、透明感のある歯を維持する方法としてセラミック材料を用いた治療があります。

セラミック治療は現在ではとても頻繁行われる審美治療のひとつあり、セラミック材料の特徴は、硬度が高く丈夫で長く使用することができ、毎日の食事や喫煙などによる変色もしにくいというとても優れた性質をもっています。

また、生体との親和性が高く、金属アレルギーの原因を除去した歯科治療を行うことができます。

白くきれいで健康的な歯を回復したいとお考えの場合には、セラミック材料での治療をおすすめ致します。

オールセラミッククラウン

オールセラミッククラウン

抜群の審美性と耐久性を誇り、現時点で最高の歯科修復素材と言われています。金属アレルギーの心配もないのでより自然で美しい治療が可能です。

メタルボンドクラウン

メタルボンドクラウン

耐久性が高く、耐酸化性に強い合金(ゴールドなど)の表面にセラミックを焼き付けて作られます。変色が起こらず、耐久性も強く、安定した素材です。

ハイブリッドセラミッククラウン

ハイブリッドセラミッククラウン

セラミックスとレジン(プラスティック)を合わせて作られます。弾力性に富むので、歯への負担が軽減されます。若干の色の変色が起こるのが欠点です。

ポーセレンラミネートベニア

ポーセレンラミネートベニア

歯の表面に薄く加工したセラミックを貼り付けて、審美性を回復させる治療です。歯をほとんど削らないで治療が出来るのが大きな特徴です。

以上、この他にもたくさんの種類の治療方法がありますのでお口の中の状況に応じてカウンセリングを行います。